2011年11月16日

リンク集5

相互リンクも募集しています。
ご希望の方は、貴サイトにあらかじめ必要事項をご記入のうえ、
メールでお申込み下さい。

◆ リンク集5


◆ 相互リンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/
posted by 効く◎君 at 21:10| リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

リンク集4

相互リンクも募集しています。
ご希望の方は、貴サイトにあらかじめ必要事項をご記入のうえ、
メールでお申込み下さい。

◆ リンク集4


◆ 相互リンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/
posted by 効く◎君 at 21:09| リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

リンク集3

相互リンクも募集しています。
ご希望の方は、貴サイトにあらかじめ必要事項をご記入のうえ、
メールでお申込み下さい。

◆ リンク集3


◆ 相互リンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/
posted by 効く◎君 at 21:08| リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

リンク集2

相互リンクも募集しています。
ご希望の方は、貴サイトにあらかじめ必要事項をご記入のうえ、
メールでお申込み下さい。

◆ リンク集2


◆ 相互リンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/
posted by 効く◎君 at 20:40| リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

リンク集1

相互リンクも募集しています。
ご希望の方は、貴サイトにあらかじめ必要事項をご記入のうえ、
メールでお申込み下さい。

◆ リンク集1


◆ 相互リンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/
posted by 効く◎君 at 23:40| リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

リンクと免責について

当サイトはリンクフリーです。
いつでもどなたでも自由りリンクして頂いて、結構です。
当方への連絡は一切要りません。

なお、相互リンクも併せて募集しています。
特に地域情報などを掲載したサイトは優先的にリンクさせていただきます。
相互リンクご希望の方は、以下に規約などをご一読いただき、
ご了承いただける方のみ「お問い合わせ」フォームで必要事項ご記入の上、お申し出ください。
・相互リンク規約

1. 「顎関節症〜噛み合わせの異常を感じたら」への相互リンクは、
  企業および個人は問いませんが、以下のリンク規定を御一読後、
  こちらにある 相互リンク に必要事項を記入し送信して下さい。
  こちらで貴サイトの内容を確認後、追ってご連絡させていただきます。
2. 「顎関節症〜噛み合わせの異常を感じたら」へのリンクは、
  必ずテキストリンク http://kori-q.seesaa.net/ でお願い致します。
3. 以下に該当する場合には、リンクを固くお断りいたします。

● 当サイトのコンテンツ内容、登場人物などを誹謗中傷したり、
  名誉・信用を毀損する内容を含むサイトからのリンク。
● フレームを使用したリンクやその他の方法で当社のコンテンツで
  あることが不明となるリンク。
● 公序良俗に反するサイト、
  またはその恐れのあるサイトからのリンク。
● 他人の電子メールアドレスを登録する等、虚偽の申告、届出を行なった場合。
● 法律、法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為を含むサイト。
● 誠に勝手ながら内容や当方の事情によってリンクできない場合も
  ありますが、逐一ご連絡は致しませんので悪しからずご了承下さい。
● 一度リンク致しましてもリンク切れなどが生じた場合は、
  一方的に削除させて頂く場合もありますのでご承知おき下さい。

※ 貴サイトに対して第三者からの賠償その他いかなる苦情、
  請求等については何ら責任を負いませんのでご承知おき下さい。

・免責事項
内容については情報を十分精査していますが、ご利用にあたっては
ご自身の責任においてご利用ください。

当方は、如何なる責任も負いません。

なお、内容に不都合な点などがあれば、ご遠慮なくご指摘頂ければ幸甚です。
連絡は、上記お問い合わせフォームよりお願いいたします。

・リンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/
posted by 効く◎君 at 18:50| リンクと免責について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

エゴスキューのDVD

エゴスキューといえば、
既に腰痛解消のための運動療法を指導するDVDが出されています。

最近では顎関節症の改善の為のDVDの出されました。

顎関節症とは、顎の異常を訴える人、
例えば、口をあける時に真っ直ぐ開けられずに、途中でガクンとするとか、
口を大きく開けていつもりでも、十分に開き切らない為
人差し指、中指、薬指の3本がしっかりと入るだけの口をあけることが出来ない
など、今の若い人たちに多い症状だといわれます。

既に販売されているDVDを購入したことをきっかけに
エゴスキューのいう筋肉の再教育の具体的な考え方や方法論を学ぼうと
トレーナーコースやセラピストコースを取る方もあります。

本格的な指導者としての活動は、研修を積んだ後となりますが、
DVDはこんなところにも影響が及んでいます。

エゴスキューで簡単に顎関節症を治しましょう。
posted by 効く◎君 at 08:02| エゴスキューのDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

顎関節症とは?

顎関節症というのは、
・ 口が大きく開けられない(一般的には5センチ開けられます)
 → 臨床的には4cm以下が異常と定義されています
・ 口を開けるとき"こきこき"と言う音や"がりがり"という音がする
・ 口を開ける時に痛みがある
このうち1つでも症状があれば、顎関節症と呼ばれる顎の異常症状をいいます。

逆に、レントゲンで骨に異常があっても、
上記の症状が無ければ顎関節症とはいえない場合も多いと思われます。

症状としては、
・ 顎の関節に有る関節円板と言う部分のずれ
・ 関節を包む組織に問題がある場合
・ 関節の骨に原因が有る場合
・ 顎を支える筋肉に問題が有る場合
があります。

では、真の顎関節症の原因とは何でしょう。
筋肉の異常という場合が多いといえます。

症状が上記のごとく・・・なのに筋肉の異常とは、どういうことなのでしょうか?

何らかの自由で、顎の筋肉が異常な状況にあるということです。
例えば、日頃の姿勢が悪く、横から見ると顎が突き出したりしていませんか?

姿勢から来る筋肉の異常、即ち、こうした姿勢からは、
重い頭を支えようとして顎の筋肉が頑張っている様子が伺えます。

そこに、顎の筋肉は本来機能として、
咀嚼、平たく言うと物をかむ為に機能するものです。

しかし、顎が突き出た状況からは、頭が重くた過ぎて支えきれず、
そこから顎を支えようと、顎の筋肉が余分な働きをするようになることから
顎関節症に至るとも考えられているものです。

中でも、最も多い顎関節症の状態は、関節円板が前方にズレてしまう場合です。

そうなると以下の症状となって表れます。
----------------------------------------------
* 就寝中に歯ぎしりやくいしばりのある人
* 事故やけんか等で顎を打撲した人
* 大笑い、大あくび、ほお杖の癖の有る人
* 歯がすり減ったり、抜けたりして咬み合わせの下がった人
posted by 効く◎君 at 11:41| 顎関節症とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

顎関節症は何科を受診?

顎関節症というのは、どのような病院に行けばいいの?
何科を受診するの?という人は、多いかもしれません。

一般的には、顎関節症は口腔外科に分類されます。

口腔外科は、口の中の病気を専門とする外科ですが、
口腔外科は歯科と併用していることがいようです。

ただし、
口腔外科は医科ではなく、歯科に属しますが
必ずしも歯科医師だけとは限りません。

例えば、口の中に腫瘍ができたり、顎の骨を
骨折したりなどというのも口腔外科に含まれています。

総合病院や大学病院などでは口腔外科の看板をみますが、
普段はあまり見かけることがあまり無いと思います。

では、顎関節症は歯科でもいいの?

虫歯の治療や歯槽膿漏の治療などは歯科ですが、
それ以外にも口の中に病気が存在していますし、
抜歯や親知らずのような外科手術以外も、
例えば腫瘍やガンの摘出、顎関節症や顎の骨折などの手術も行います。

顎関節症は口腔外科で歯科に属しますが、
まずは自己診断してみましょう。

手の指を中指を中心に3本、縦にして自分の口にスムーズに入りますか?
概ね5cmちゃんと入れば結構ですが、顎が開けにくい、指が2本しか入らないなど
ちゃんと出来ない人は顎関節症かもしれませんね。

でも、口腔外科でも痛みが取れないなどの症状でも、
エゴスキュー顎関節症向けのエクササイズもあります。

いつでもどこでも行えるのがエゴスキューの特徴です。
posted by 効く◎君 at 01:42| 顎関節症は何科? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

顎に異常を感じたら・・・

最近の若い人、特に女性に顎の異常を訴える人が多いとか・・・

そんなとき単に顎に問題があるのか、
或いは他の原因から顎の異常がきているのかを考えてみましょう。

若い女性に多いというには、2つの理由があると考えられます。

ひとつは日常的な仕事などでの姿勢の悪さです。

パソコンを日常的に使用する今日の仕事では、
従来のように営業は営業、
事務は事務仕事に集中するというわけにもいきません。

誰しも、業務報告をすることも含めて必ずパソコンを利用することになります。

その時間が長くなればなるほど、
自然と前屈みの顎を突き出す姿勢になっていませんか?

しっかり想像してみてください。

頭の重さは通常5〜6キロあるといわれていますが、
それを首の骨のカーブがバランスよく支えていたのですが、
前屈みになることで頭を支えるために
顎の筋肉にもその働きを強要する姿勢になってしまっています。

分かり易くいうと、
顎の筋肉は、本来、咀嚼(食べ物をかむ)為に、口を開け閉めする役割ですが、
首が前に突き出てくるので、それを支えるために、顎の筋肉も頭を支えようと
咀嚼以外の頭を支えることもやり始めて、顎に悪影響を及ぼしている結果、
正しく動くはずの顎関節が十分に上下に円滑に動かない、ガクンというなどと
なってしまっているのです。

もう一つは、ハイヒールなど足元の不安からくるものです。

ハイヒールを履くと常に背伸びして歩いているような感覚になりませんか?

即ち、頭からつま先までの姿勢が、本来の自然な姿勢ではなく、
角に腰や首などに負担がかかりやすい姿勢になっていませんか?

中には、その負担を和らげようと代償作用を行うようになります。

代償作用とは、一部の機能が十分に果たせなくなると、
その代わりに他の部位などが変わってその役割を果たそうとすることで、
先に述べた顎の異常も首が本来の役割ではない働きをしている結果ですから
まさに代償作用ということになります。

こうした生活を繰り返していませんか?

ところで、顎の異常は案外、自身では気づかないこともあります。

そんな時は、人差し指、中指、薬指の三本を大きく口を開いて縦に入れてみましょう。
概ね5cmの口を開ける際に、スムーズに開けられるようなら結構です。

ガクンときたら、或いは痛くて口が2〜3cmしか開かなかったりする人は、
顎関節症を疑ってください。

顎関節症は、諸説あるようですが主に上記のように、
まずは筋肉の異常だと考えることが自然です。

そこでもう一度、
顎に異常のある人はよく日常の生活を見直してみましょう。
タグ:顎 異常
posted by 効く◎君 at 10:51| 顎の異常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。